LINEで送る

夢楽とは?

 

デイサービス夢楽について

デイサービス夢楽とは、男性利用者の方向けにコンテンツを取りそろえた、デイサービスになります。

近年のデイサービスは、利用者の7割が女性利用者が利用して居り、男性利用者は施設の中でもマイノリティの為、サービスの満足度としては、低くなりがちになって居ります。

我々、夢楽は、そんな少数派の利用者様が、「楽しく」「気楽に」通所できる環境を作りたいと考え、「行くのが待ちきれないデイサービス」をキーワードに施設を設立して居ります。

 

 

開設のきっかけ

開設に至ったきっかけは、開設前に行った、ある他の施設でインタビューした利用者様がきっかけでした。

 

(軽く世間話をしてから本題へ)

=夢楽、=男性利用者様

夢:「皆さんとのレクリエーションに何故参加されていないのですか?」

利:「女性の輪に入るのがあまり、好まないのでね…」

夢:「こちらに通所されて如何ですか?」

「あんまり楽しくないね」

夢:「では、何故通所なさてるのですか?」

利:「家族にね、日中家にいられても困るって言われちゃうんだよ…仕事とか家事とかあるし忙しいんだろうね…」

夢:「女性陣と打ち解けるには、やはり参加された方が良いのではないでしょうか?」

利:「自分もね最初そうだと思って、参加する様にしていたんだけど、やっている内容が、余りにも『チイチイパッパ』(幼稚過ぎる)で、だんだん嫌気がさして来るんだよ…職員の方にも、何度も参加する様に言われたんだけど、断ってて。でも何度も言われると、さすがに断りきれなくなるから、言い辛かったんだけどさっき言ったこと言っちゃってね、それからは何時もこうしているんだよね。」

夢:「そうですか。ではどの様なデイサービスが有れば通所し易いですか?」

利:「やる内容(レクリエーション)までは文句言えないけど、せめてもう少し男性の割合が増えてもらえれば、話し相手位は出来そうなんだけどね」

 

その施設では、地域ではサービスに評判のあるしっかりした施設で、私たちもその時は、驚いていたのを覚えております。

 

利用者様の感じられ方は、サービスの善し悪しでない部分も非常に多く含まれているのだと、その時理解した記憶があります。

 

 

自分が楽しめるデイサービス

デイサービス夢楽では、利用者様のインタビューに基づき、「再び利用したくなる」を前提に考え、施設のコンテンツ作りを行っています。

「利用したくなる」は基本、意思を持って行動に移す行為になる為、QOLが高くないと成就に至る確率が低くなります。

その為、つまらないデイサービスですと、利用の頻度が落ち、無気力になりADLやIADLに支障をきたしてゆく結果に繋がります。

我々、夢楽は、利用者が楽しいと感じる施設を継続出来る為に、

職員が「自分でも楽しい」と思えるデイサービス作りに心がけて頂いて居ります。

 

是非とも、私たちといっしょに「夢」の様に「楽」しいデイサービスを作りましょう!!

 
 
 

 

特集記事のご紹介

当社の「デイサービス夢楽」について特集頂いた記事をご紹介いたします。

 

此方は、ヘルプマンジャパン様よりインタビュー頂いた際のページを紹介させて頂きます。
これからの介護をつくる人たち。 HELPMAN JAPAN ヘルプマン ジャパン
 
 
此方はファミケア.JP様にインタビュー頂いた動画になります。

 

 

その他、雑誌や新聞等での掲載実績です。
  • 『朝日新聞』 2012年3月21日  男も楽しいデイサービス

  • 『月刊デイ』 Vol.150 2012年6月号  全国デイレポート

  • 『通所サービス&マネジメント』 2018年11-12月号  男性利用者向けコンテンツに力を入れたデイサービスの実際

 

 

 [su_button url=”https://yumeraku.net/saiyo/new/” size=”14″ center=”yes” icon=”icon: hand-o-up”]エントリー[/su_button]